トイアンナのぐだぐだ

まじめにふまじめ

今日死のうと思っている学生さんへ

これは、今日死のうと思っている学生さんへの手紙です。

 

17歳の8月23日、私は自殺を決行しました。人生の何もかもがうまくいかなくて、この世は真っ暗でした。学校ではひとりで、親とは包丁を向け合うくらい仲が悪かったのです。

自分で言うのもなんですが、自殺についてはよく準備したほうだと思います。『完全自殺マニュアル』がボロボロになるまで読み、首吊りか電流を流して死ぬのがベストと結論付けました。ある方が死ぬまでに残した日記「終わる世界」で自殺がいかに惨めで、自己満足にすぎないかも予想して、首を吊りました。

 

こんな経験があるからといって、「あなたの気持ちが分かる」なんて、おこがましいことは言いません。死にたい理由はひとそれぞれです。私にわかるのは"今のあなたに「死なないで」と言うことの無意味さ"くらいです。だって、死にたいときは、今日も明日も真っ暗で、1分1秒がつらくて、死ぬ以外の選択肢が閉ざされているのですから。

 

「死」という大きな化物にとりつかれ、線路へ飛び込め、縄を首にひっかけろ、薬を飲め、手首を切れと引きずられているのに、まるで自由意志で、考えが至らないから自殺しようとしているだなんて誤解されて「死なないで」と無責任な一言を放つ人にはうんざりです。

 

お伝えしたいメッセージは「死なないで」ではありません。あなたが高確率で「死ねない」ということです。私はこのとおり、首を吊ったのに生きています。いまの家屋にはつるしても耐えられる場所もなければ、紐もそうありません。ドアノブにひっかけて……なんてよく言いますが、あれで成功する人間はあまりいません。どうせ死のうとしようが、大半は生きてしまうのです。そして生きた先には、後遺症が待っています。

 

私は首の骨を折らずに済みましたが、飛び降りや首吊りでは骨を折ってしまうことがままあります。そうなると生還しても、後遺症を背負います。こんどは自殺すらできず、介護されて暮らす人生が待っています。果てしない人生を、要介護で暮らす覚悟は、ましてや憎む相手に涙を流して糞尿を始末してくれと乞う人生は、さらなる地獄ではないでしょうか。

私の知人に、電車に飛び込んで手足が吹き飛んだ人がいます。今も痛みに耐えるしかなく、ほとんど動けない体で、それでも、人生は続きます。

 

元データをなくしてしまいましたが、既遂に至るまでひとは平均10回程度、自殺に失敗するようです。あなたは死んでもいい。私に止める権利はありません。でも、死ねるのでしょうか。うっかり生きたとき、10回も成功するまで後遺症もなく戻ってこられるのでしょうか。

 

それより、逃げませんか。

 

以前、同じように自殺を考える方へ国が留学費用を出してくれる「トビタテ!留学JAPAN」を案内しました。

www.tobitate.mext.go.jp

 

留学なんて、意識が高そうに見えるでしょう。しかし国によっては語学力不問で、高校生から応募できます。私も、悪化した親子関係から逃れたい一心でイギリスの高校へ通った人間です。語学力も無く、英語の勉強は本来しんどいもの。けれど「あんな地獄にいるくらいならマシだ」と猛烈に集中できました。そんな逃げ方もあります。

 

引きこもっていて、高卒までの資格を得られなかった人も「高認」という試験を受けると高卒相当となり、大学受験ができます。すごい人だと、小学校から引きこもっていたのに18歳から1年勉強して高認取得された方を知っています。

www.j-webschool.net

 

人生は、やり直しがきくのです。逃げても生きていかざるをえないのがこの世の最低なところですが、立ち上がる元気がいつか出てきたときには、それなりにハシゴもあります。

 

とにかく話を聞いてほしいのに、いのちの電話がつながらない。そんな人へ、バイト代だけでもオンラインでカウンセリングができるcotreeというサービスがあります。カウンセラーさんは人によって技術差や相性があるので(美容師さんみたいなものです)初回から救われるとは限りませんが、ばっちりな相手が見つかると命綱になります。

cotree.co

 

そして、全国にとりあえず逃げ出せるシェルターがこれだけあります。住んでいる地域になければ、思い切って県をまたいで逃げましょう。

karigurashi.or.jp

 

私は、生きるために逃げるのは、勇気ある、立派な行動だと思っています。少なくとも死に引きずられて下手な自殺にチャレンジしてしまい、後遺症を一生背負っていくくらいなら。確かにあなたは死んでもいい。でも生きてもいいし、逃げていいんです。逃げて、逃げて、いつかエネルギーを蓄えて死という化物に襲われなくなったら。

 

その時は、私と一緒に世界を変えましょう。

待っています。

 

自傷行為を繰り返していた方の日記です。この方も、最期は自傷行為から血管が弱って望まぬ形で亡くなられたと拝見しています。

卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)

卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)

 

 

 死に襲われながら、生き延びた少女たちの話です。

思春期病棟の少女たち (草思社文庫)

思春期病棟の少女たち (草思社文庫)