読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トイアンナのぐだぐだ

まじめにふまじめ

「あの時」女に何が起こっているのか:生理による心身の変化を冷静に記録する試みをした

 

生理ほど男性にとって判りにくいものはない。せいぜい「生理の女性はイライラして怖い」といった認識にとどまる。だが、女性も説明すらしないで「理解してよ」と言うのは無理な相談である。

というわけで今回は、自分の生理を冷静に書き記すことで女に何が起きているのかを伝えてみる。グロさはないのでご安心を。症状に個人差は大きいが、参考資料くらいに思っていただきたい。


【生理の基本的な話】

・大多数の女性に、28日周期で生理がくる
・死ぬほど体調がしんどい人と、全然どうってことない人がいる
・生理の話は女性同士でも比較的タブーに近いので、個人差もよくわからない

 

【生理3日前】

朝目覚めると、世界は灰色になっている。仕事で叱られた書類のことを思い出す。この仕事に向いていないのではないか。しかし今の会社が悪いとは思えない。自分が社会適合できていないだけだ。社会人に向いていないんだ。もう死んでしまったほうがいいのではないか。最寄り駅。そのまま飛び込めば楽になれる。ホームの端を歩く。自分の真横を急速で電車が通り過ぎ、はっと気づく。

 

『こんなことで死にたくなるなんて、もしかして生理前?』

 

ピルの錠剤を見ると、残りが少ないので生理前だとわかる。憂鬱さが生理前のものだと知って、少し落ち着く。しかし青空から色は抜け、赤信号が「お前の人生、全て"止まれ"なんだよ」と話しかけてくる。会社のPCをやっとの思いで起動すると「送信箱にメッセージがあります。送信しますか」「はい」「いいえ」のポップアップが出てくる。その「いいえ」がやたら大きく、視界いっぱいに広がってくる。「いいえ」「いいえ」私の人生はすべて「いいえ」・・・・・・。

 

『押しつぶされていないで、仕事をしなくては!』かすかな心の声が、体を引き戻そうとする。それでもメールの「もし可能であれば」「NGの項目が」といった少しでもネガティブな意味を持ちうる単語に、心は引っ張られる。

 なぜ、朝のうちに電車へ飛び込まなかったのだろう?


ふらふらしながら、仕事が終わる。帰り道、立ち寄ったコンビニでビールと油っぽい菓子を買ってしまう。家でむさぼるように食べる。食べながら泣く。私なんて生まれてこの方いいことなんて無かったんだ。コレステロールで血管が詰まって死んでしまえ。

 

『生理とはいえ、本当に自傷してはいけない』という理性でどうにか、普段のカロリーを気にしている自分を菓子でズタズタにするだけで済む。さらに理性も生きているので、この姿を誰かに見られたいわけでもない。死にたいのに羞恥心があるという事実に、いっそう死にたさがつのる。

 

パートナーが帰ってくる。ワインを注いでくれたり、面白い話題を共有してくれる。だが、優しさが辛くなる。「もう彼は離婚する気に違いない。最後に私に優しくしてくれているのだろう、私たちは終わりだ。」と思っている。被害妄想が拡大して統合失調症の一歩手前。だがギリギリ心の奥底で理性が『それはお前が生理だから深く考えすぎているのかもしれないよ』と警鐘を鳴らしてくれる。

 夜はシラフだと横になってから2時間たっても眠れないので、お酒が増える。深酒で気絶するように眠り、翌朝へ体を運んでゆく。

 

 

【生理初日】

目覚めると、気分が軽い。何で昨日まであんなに死にたがっていたのか1ミリも理解できない。世界はすばらしい!ファンタスティック!飯がうまい゛っ!?

 腹が猛烈に痛い、そして微熱。

 たとえるなら辛いものを食べ過ぎた翌日の腹痛。しかし、生理にはストッパが効かない。頭痛薬を2~4錠飲んで落ち着かせる。今度は眠い。トイレで5分仮眠し、カフェインを大量に放り込んでしのぐ。カフェインが生理を悪化させると知っているが、カフェインがなければ会社員として終わる。

家へ帰ってもパートナーの話を聞きながら、面白いのにあくびをしてしまう。週末なら10時間以上こんこんと眠る。寝ても寝ても、立っているのが辛いくらい、眠い。この前はランチを食べながら意識が飛んだ。

生理3日前からまともに進んでいない家事に罪悪感を覚える。溜まった洗濯物や皿をなんとかしたいが、かがむだけで痛みがぶりかえすので、寝込む。

 

【生理2日目】

カフェインや頭痛薬をとりすぎたせいで、胃が痛み始める。胃腸薬を追加する。そのせいでものを食べるのがしんどくなる。1ヶ月前から友人と約束していた、美味しい洋食屋さんで夕飯を食べる予定が呪わしい。なぜ28日周期で考えず安請け合いしたんだ、私のバカ・・・・・・。

 頭がぼーっとしているが、生理3日前から溜まった仕事のツケを払うために残業が増える。

 

【生理3日目】

世界は輝いている。なんて陽気な気分なんだろう!コンビニの募金箱へ100円を入れる。人にいいことをするって気持ちがいい!!!最高!

早めの電車に乗れた。近くのカフェでコーヒーを飲む。チェーン系のコーヒーなのに、妙に美味しく感じられる。日本はなんてすばらしいんだ、みんな整然と列を作ってコーヒーを待つなんて。この国に住んでいてよかった。このカフェでよかった。世界一幸せだ。

仕事は思い通りに進み、何なら明日でもいい仕事をどんどん片付ける。私、永遠に働ける気がする!パートナーに「いつもありがとう」と連絡をする。パートナーへだけではない、お世話になった友人みんなへありがとうを言って周りたい。そうだ友人に会おうと、来月の今頃にディナーの予定を入れる。


【生理後】

 『なんだったんだ、この1週間は・・・・・・!?』


そして、たった3週間の日常が始まる。