読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トイアンナのぐだぐだ

まじめにふまじめ

「女が男を部屋へ招いたらセックスOK」という考えは女にとって恐怖でしかない

女性の生き方

1年以上好きだった女性。初めて彼女の家に上げてもらった。これは行ける!と告白したら「信頼してたのに」「まさか恋愛感情だったなんて」と振られた。という男性の失恋話を聞いたことは1度や2度ではない。「チャラ男は飲み会で下ネタを絡めたりして下品だ。俺はそうじゃない。だから信頼されてから彼氏になろうと頑張ったのに」と嘆く友人。正直、相手の女性に同情する。

 

私もかつて、何度つぶれてしまった男友達を家にあげてしまったか。落ち込んで泣いている男子を「もう飲んで話して楽になれよ」と慰めたか。あるときは慰めていたらいきなり相手が脱ぎだして最寄の警察へ電話することになった。「だったら家に呼ぶなよ」と暴言を吐く男を警察の助けを借りて引きずりだしてもらった。

いつからか私はどんなに酩酊した男性も怖くて助けられなくなった。路上で安らかに眠ってくれ。ごめんな。 

 

このように女性は男性を友達として部屋へ招くこともある。女性は「私へ変な性欲をぶつけてこない安心できる友達」だからこそあなたを家に招いているかもしれない。

女性に話を聞くと「むしろ彼氏候補だったら付き合う前に家へ招かない」という意見も多かった。本命彼氏候補を外デートもせずにいきなり家へ招くなんてワンナイト狙いみたいで失礼だと。男性は家に招かれた時点で「安心できる友達枠」に入っており、恋はゲームオーバーに近づいているのである。

 

Twitterではこんな意見もあった。

 

このように「え、女の部屋に上がったらセックスOKでしょ?」と男性中心社会でいまだに常識と思っている人も多い。私のようにリベラル男女は「は?こっちが誘ってもないのにセックスしていいわけないでしょ」と思うわけだが、日本社会ではまだこちらのほうが少数派だろう。

男性中心社会に疑問を持たない女性も「男女で2人きりなんて、男に襲われてもしかたがないでしょ」と思っていたりする。そういう女性は、セックスの主導権が男性にあると考える。自分から「○○君っていい体してるよね。1発やらせてよ」と誘うなんてありえない。男性中心社会で女性が積極的に誘えばビッチ扱いを受け、迫害されてしまうからである。

 

だったら男性中心社会が好きなカップル、リベラルカップルでマッチしてそれぞれ幸せになってくれ、というのを結論にしたいところだが、現実はそうはいかない。男性中心社会の男は、リベラル男子を偽装するからである。「女は男より劣っている」と公に発言すれば、女子から総すかんを食らうからだ。

だが女子にも男性主導の恋愛を期待する人は多い。たとえばプロポーズが女性から男性へ行われた割合は1.7%と極めて少なく、むしろ「彼にプロポーズさせる方法」なんてハウツー記事が流行る。相手に期待するくらいならお前が男にプロポーズしろよ。と私は思うが、女性は男性に恋愛主導権を任せたい人が多いようだ。

 

なぜ、それでも男性が「女の部屋に招かれたらセックスOK」と行動してはいけないか。それは部屋でいきなり襲うと唐突過ぎて「今まで隠してたけど俺、実は男女平等じゃないんだ!男が恋愛主導権を取るべきって君も思ってるよね!?」に見えるからだ。 

 

部屋に上げられて唐突に襲い掛かる男子は、出会ったときから恋愛モードであることを女性に伝えない。その結果女性は「彼は恋愛を匂わせてこないし、友達か」と認識する。もし男性が出会った日に「○○ちゃんって本当にかわいいよね」「俺だったら速攻で告白するわ」と恋愛をにおわせる発言をしていたら、部屋へあげる前に彼女は付き合うか考えただろう。仕事だったら事前にすり合わせができるビジネスパーソンたちも、なぜか恋愛では阿吽の呼吸を信じてしまうのだ。

 

「これは恋愛だ」と知らされず関係を詰められるのは女にとって恐怖である。性犯罪のリスクがあるからだ。「部屋へ招いたらセックスOK」と勘違いした男性が女性を襲ってしまったら110番案件になる。彼らはたとえこっちが「友達だと思ってる。君とはセックスも恋愛もしたくない」と言っても「またまた誤魔化しちゃって」とスルーして深夜に迫ってくることがある。

そして拒絶すると「家に上げたほうが悪い」とキレられるのが関の山。いくら「私はリセックスしませんよ!」と宣言しても、家に上げたという事実だけで無視して主導権を奪いに来る。怖っ!そして私は警察を呼ぶ。

 

これは男性だけの責任ではない。建前の男女平等を要求しながら、恋愛だけは男性に主導権をとってほしい女性たち。すべての女性が男性主導の恋愛を求めていると錯覚する男性たち。すべては事前の調整不足。恋愛はプロジェクトであり、事前打ち合わせが本番より大事なのである。

 

そのためにも、女性から積極的に根回しできる空気がもう少しあればと思う。女性から「とりあえず今日君と寝たいんだけど、今夜あいてる?」とか「カッコいいじゃん、私と付き合ってよ」と自然に言える社会に少しでも近づいてくれればいいのに。と、願ってやまない。