トイアンナのぐだぐだ

まじめにふまじめ

今日死のうと思っている学生さんへ

これは、今日死のうと思っている学生さんへの手紙です。

 

17歳の8月23日、私は自殺を決行しました。人生の何もかもがうまくいかなくて、この世は真っ暗でした。学校ではひとりで、親とは包丁を向け合うくらい仲が悪かったのです。

自分で言うのもなんですが、自殺についてはよく準備したほうだと思います。『完全自殺マニュアル』がボロボロになるまで読み、首吊りか電流を流して死ぬのがベストと結論付けました。ある方が死ぬまでに残した日記「終わる世界」で自殺がいかに惨めで、自己満足にすぎないかも予想して、首を吊りました。

 

こんな経験があるからといって、「あなたの気持ちが分かる」なんて、おこがましいことは言いません。死にたい理由はひとそれぞれです。私にわかるのは"今のあなたに「死なないで」と言うことの無意味さ"くらいです。だって、死にたいときは、今日も明日も真っ暗で、1分1秒がつらくて、死ぬ以外の選択肢が閉ざされているのですから。

 

「死」という大きな化物にとりつかれ、線路へ飛び込め、縄を首にひっかけろ、薬を飲め、手首を切れと引きずられているのに、まるで自由意志で、考えが至らないから自殺しようとしているだなんて誤解されて「死なないで」と無責任な一言を放つ人にはうんざりです。

 

お伝えしたいメッセージは「死なないで」ではありません。あなたが高確率で「死ねない」ということです。私はこのとおり、首を吊ったのに生きています。いまの家屋にはつるしても耐えられる場所もなければ、紐もそうありません。ドアノブにひっかけて……なんてよく言いますが、あれで成功する人間はあまりいません。どうせ死のうとしようが、大半は生きてしまうのです。そして生きた先には、後遺症が待っています。

 

私は首の骨を折らずに済みましたが、飛び降りや首吊りでは骨を折ってしまうことがままあります。そうなると生還しても、後遺症を背負います。こんどは自殺すらできず、介護されて暮らす人生が待っています。果てしない人生を、要介護で暮らす覚悟は、ましてや憎む相手に涙を流して糞尿を始末してくれと乞う人生は、さらなる地獄ではないでしょうか。

私の知人に、電車に飛び込んで手足が吹き飛んだ人がいます。今も痛みに耐えるしかなく、ほとんど動けない体で、それでも、人生は続きます。

 

元データをなくしてしまいましたが、既遂に至るまでひとは平均10回程度、自殺に失敗するようです。あなたは死んでもいい。私に止める権利はありません。でも、死ねるのでしょうか。うっかり生きたとき、10回も成功するまで後遺症もなく戻ってこられるのでしょうか。

 

それより、逃げませんか。

 

以前、同じように自殺を考える方へ国が留学費用を出してくれる「トビタテ!留学JAPAN」を案内しました。

www.tobitate.mext.go.jp

 

留学なんて、意識が高そうに見えるでしょう。しかし国によっては語学力不問で、高校生から応募できます。私も、悪化した親子関係から逃れたい一心でイギリスの高校へ通った人間です。語学力も無く、英語の勉強は本来しんどいもの。けれど「あんな地獄にいるくらいならマシだ」と猛烈に集中できました。そんな逃げ方もあります。

 

引きこもっていて、高卒までの資格を得られなかった人も「高認」という試験を受けると高卒相当となり、大学受験ができます。すごい人だと、小学校から引きこもっていたのに18歳から1年勉強して高認取得された方を知っています。

www.j-webschool.net

 

人生は、やり直しがきくのです。逃げても生きていかざるをえないのがこの世の最低なところですが、立ち上がる元気がいつか出てきたときには、それなりにハシゴもあります。

 

とにかく話を聞いてほしいのに、いのちの電話がつながらない。そんな人へ、バイト代だけでもオンラインでカウンセリングができるcotreeというサービスがあります。カウンセラーさんは人によって技術差や相性があるので(美容師さんみたいなものです)初回から救われるとは限りませんが、ばっちりな相手が見つかると命綱になります。

cotree.co

 

そして、全国にとりあえず逃げ出せるシェルターがこれだけあります。住んでいる地域になければ、思い切って県をまたいで逃げましょう。

karigurashi.or.jp

 

私は、生きるために逃げるのは、勇気ある、立派な行動だと思っています。少なくとも死に引きずられて下手な自殺にチャレンジしてしまい、後遺症を一生背負っていくくらいなら。確かにあなたは死んでもいい。でも生きてもいいし、逃げていいんです。逃げて、逃げて、いつかエネルギーを蓄えて死という化物に襲われなくなったら。

 

その時は、私と一緒に世界を変えましょう。

待っています。

 

自傷行為を繰り返していた方の日記です。この方も、最期は自傷行為から血管が弱って望まぬ形で亡くなられたと拝見しています。

卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)

卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)

 

 

 死に襲われながら、生き延びた少女たちの話です。

思春期病棟の少女たち (草思社文庫)

思春期病棟の少女たち (草思社文庫)

 

 

お詫びと訂正:はあちゅうさんの妊活にまつわる表現について

はあちゅうさんの妊活および書籍『旦那観察日記:AV男優との新婚生活』に関し、1点私の表記に誤りがあり、謝罪文を掲載いたします。

 

過去に私はTwitterはあちゅうさんについて、下記の通りツイートいたしました。

はあちゅうさんが物を宣伝するとよく売れる。だから仕事が絶えない。近い業種だからよく存じてます。けれど、妊活の本を出して売れたタイミングで「実は妊活について書く前から妊娠していました」は冒涜ではないですか、読者を、妊活する方をなんだと思っているのですか。

 

しかしながら書籍「内」には妊活のコンテンツがなく、はあちゅうさんが妊活の本を出していたという点は誤りでした。

 

そのため、謝罪文を掲載すると共に、はあちゅうさんのご要望を受けツイートを削除させて頂きます。また、下記の通り訂正文を掲載させていただきます。

 

訂正文


はあちゅうさんは、書籍『旦那観察日記: AV男優との新婚生活』に掲載されていた内容の続編と見える、妊活のコンテンツをブログ『旦那観察日記』にて掲載しておりました。従いまして書籍も「妊活の本」と誤解しており、関係各位にご迷惑をおかけいたしました。

 

この書籍が「妊活の本」ではない点に誤りがございましたが、はあちゅうさんは続編とも見えるそのブログにおいて、妊活について継続的に触れています。また、書籍発売時期の前後に雑誌等で妊活についてインタビューを受けるなどして、ご自身の妊活をテーマにお仕事をされていました。

 

akahoshi.net

 

そして、はあちゅうさんは妊活に関し、"実際は妊娠が判明していたにもかかわらず、妊活しているかのような表現"をしていた疑惑があります。

getnews.jp

 

togetter.com

 

これらが仮に事実であれば、リアルタイムではあちゅうさんの妊活を応援していた方や、不妊治療をされている方への冒涜ではないかと感じます。それを踏まえ、ツイートをさせていただきましたこと、ご理解いただけますと幸いです。

 

トイアンナ 拝

 

旦那観察日記?AV男優との新婚生活?

旦那観察日記?AV男優との新婚生活?

 

 

アラサー7人で老後2,000万円を貯める方法を考えた

5月。新宿某所に、アラサーが7人集まった。

全員1987年生まれという以外は、これといって共通点はない。学歴や仕事もバラバラ、既婚から独身まで。だが彼らには、同じ課題があった。

 

「老後の資金を貯めたいが、何をどうしたらいいか分からん」

 

そこでお互いの知見をぶつけりゃ何とかなるだろうと、7名集まったのである。これは、いい大人が老後2,000万円のために何ができるか真剣に話した議事録である。

 

 

パチだって、スロだって、したいんだもん

ひとまず、みんなが知っている投資を書き出してみた。

f:id:toianna:20190628174635p:plain

投資の全体図

 

パチスロとか明らかに余計なもの入ってるじゃねーか!!

 

Aさん「だってさ、パチスロも大事だよ?たまに大当たりあるしさ、何よりアドレナリンが出るよ? アドレナリンが出るって人生じゃ大事でしょ?」

 

確かにアドレナリンは大事だ。生きる希望がなくては、老後まで生きながらえても意味がない。リスクとリターンさえ理解できていればいいのだ。

 

Bさん「まてまて。この表はこうなるべき」

と、Bさんがいくつか書き足した。

f:id:toianna:20190628174922p:plain

投資の全体図2

 

競馬を足すな!!

とは思ったが、私も競馬は統計的にさえ処理すれば堅実に儲かることは実証したことがあるんだよね……。醍醐味が一切感じられないからやめたけど。全然楽しくない投資方法だけど、入れておく分には自由だ。だって、それがアラサーのリアルだから。

それに、パチスロも競馬も、下手すりゃ銀行口座の残高よりマイナスになるFXや先物取引よりはマシだろう。あれ、マシってなんだっけ……?

 

真面目な投資はインデックスで

真面目な話に戻ろう。「貯金よりちょっと上」の堅実な投資なら、eMAXIS先進国株式インデックスが大人気。(同シリーズにeMAXIS Slimもあってそっちも人気)堅実な投資といえば……の代名詞といえば必ず出てくるインデックス投資日経平均などの「指標」と同じ値動きを目指すインデックスファンドへ投資するやり方だ。小額ずつ、まとめて数千単位の株を買うのと同じで、リスクが少ない。

また、長い目で見れば日経平均やダウなどは上がり続ける。と、言われているだけで第三次世界大戦なんかがあったらもうわからない。が、そんときゃ投資も何も日本円の貨幣価値がぶっ飛びそうだから考えるだけ無駄。

 

長期保有ができるなら、忙しい社会人にとって便利だろう。eMAXISシリーズは中でも手数料が安く、7人のうち2人が投資していた。

 

ちなみに私は買っていない。なぜなら私はもっとリスクを取ることでリターンを見込みたいからだ。

 

ミドルリスク・ミドルリターンはREITETF

インデックスのように「複数の銘柄へ少数ずつ投資してリスクは下げたい」と思っているが、もう少しリスクをとってもいい」と考えていたのは私を含めて2名。中でもETFREITに分かれた。

 

ETFインデックス投資に近い投資信託だが、上場しているため株と同じように取引できるのが特徴。REIT(リート)は不動産のインデックス投資みたいなものだ。それぞれのメリット、デメリットは申し訳ないが独自に勉強してくれ。私は究極のめんどくさがりなので勝手に積み立ててETF等へ分散投資してくれるWealthNaviをやっているけれど、手数料を考えたらeMAXIS先進国株式インデックスの方がいい気も。

 

各投資法がどれくらい違うのか知りたければ「金融商品名+シミュレーション」で検索すると同じ額を放り込んだときに、どれくらいの額になるか見せてくれる。

たとえばWealthNaviで月10万円を30年貯めれば、貯蓄なら3,600万円のところを4,000万円くらいになるかなあ……という試算を私は立てている。夫を養う前提なので2人で4,000万。

 

ただ、月10万円貯め続ける人生、おくれるのかなぁ……。こればかりは、どうしようもない。頑張ります。

 

ハイリスクの投資をするくらいなら起業

7人のうち、何らかの起業に携わっていたのは2名。起業はリスクとリターンのグラフに入れると振り切れるくらいのハイリスクにもなりうる。なのになぜ始めたのか?2名とも「どうせハイリスクを取るなら、FXより会社作っちゃった方が楽しいでしょ」というスタンスを持っていた。

情熱なき投資よりビジョンある起業という気持ちはわかる。アドレナリンが出るし。

 

人生でアドレナリンを出す方法は3つある。パチスロか、FXか、起業だ。

 

独身に保険はいらない?

意外と盛り上がりにくかったのはiDECOiDECOは「非課税なのはうれしいがその分老後まで確実に塩漬けという大きなコストを払う」のが不評だった。だったらいざというときに動かせる資金で投資をしたいということだろう。

 

同じく契約してから受取まで期間が空いているものに保険がある。生命保険は「いざ申請してからいちゃもんつけられてハネられない」ことで人気の日系大手保険会社か、プルデンシャル生命に二分された。プルデンシャル生命はかつて定額で一生涯の保障がついた保険があったらしい。うらやましい……。最近の保険は10年単位で契約更新となり負担額が変わってしまうので、早めに入るメリットを感じにくい。

 

ただ、共通していたのは独身に保険は不要、だったらその金を投資に回していざというときの資金にすべし……という考えだった。

確かに30代は体を壊す確率が低いからこそ、保険金も安いのだ。私はフリーランスだから手厚い医療保険に入っているが、会社員なら福利厚生次第で不要という考えもある。

 

相続では遺言より遺留分が優先される

最後に相続の話題。晩婚の親だとそろそろ相続を話す時期となる。親は遺言を残せばなんとかなる……わけではなく、遺留分といって親族はあるていど「最低もらっていい」分が決まっている。たとえば配偶者は1/2、子どももいればそれぞれ1/4ずつは遺留分となり、申し出れば受け取れてしまう。親が子を勘当しようが絶縁宣言しようが、遺留分は渡さねばならない。

 

だから確実に渡したい遺産は、生命保険で受取人指定したほうがいい。ここで既婚者は生命保険を選ぶ理由ができる。

逆に親と仲が悪ければ、死後すぐに遺産相続を放棄しないと借金を背負わされるリスクもある。

 

なお、「遺言はポエムちっくに書くと家族が納得して遺留分を無視しても合意しやすい」というアドバイスを得た。いざ遺留分を超えても渡したい相手ができてしまったら、遺言状にポエムを書いて願いを託そう。親のポエムは想像しただけでしんどいが、いざ死ぬと感傷的に聞けるのかも。

 

なお、親がいくらせっせと遺言状を書いても、いくつか条件を満たさないと法的に意味がないので要注意。書くのは面倒だけれども、書かないよりは楽である……遺族が。つまり、アラサーはいかに親へ遺言状を書かせるか、問われている。

 

 

続きはこんど、泊りがけで話すことになった。それぞれ投資や副業、介護について勉強してから挑む予定。ちょっと、楽しみだ。

 

※この記事は特定の投資方法や金融商品を勧めるものではなく、また購入後の利益を保証するものでもありません。投資には元本を失うリスクがあります。必ずきちんと勉強してから始めて下さい。

また、金融商品を売買する資格を持った方に、きちんと相談してから購入されることをお勧めします。

金融系の商品を調べるとアフィリエイトサイトが多くみられますが、鵜呑みにせずあくまで自学自習の糧として利用されることをお勧めします。

 

 

私が知識ゼロから投資の勉強を始めるために買った本。

 

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書 改訂版

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書 改訂版

 

 

これはフリーランスの人におすすめ。年末泣きたくなければ今買っておいたほうがいい。絶対。

 

フェミニストであることに疲れた。

 

最近思う、もうフェミニストやめたいなと。

 

もともと、フェミニストは資格制度でもなんでもない。ざっくり言えば、女性の人権を求めて何らかの言動をする人のこと……くらいに思ってもらって構わない。

 

そして、その中には過激派と穏健派がいる。過激派は「ラディカル・フェミニズム」と呼ばれ、ポルノの弾圧やこれまで自分たちの人権を奪ってきた男性からの復権を訴える。

対して穏健派の「リベラル・フェミニズム」は、弱者男性(KKO=キモくて金のないおっさんという、最も支援の手が届きにくいとされる方を指す界隈の用語)らとも組んで、男性だから稼げ、女性だから家事をやれといった性差別からみんな解放されて楽になろうよ、という立場だ。私はがっつり後者で、リベラルどころか「ゆるふわフェミニスト」くらいの位置づけにいると思う。

 

ゆるふわフェミニストから見た世界

専業主婦になりたい人はなればいいし、共働き志向ならそれもいい。私はむしろ主夫が欲しいタイプだ。だから「男が女を守るべし」「嫁さんに食わせてもらうなんてヒモじゃないか」という言説にはモヤモヤする。家事をやる人間をヒモ呼ばわりしないでくれ…それがたとえ妻でも夫でも、と。

 

さらに、フェミだからって四六時中"男女は同じ"と割り切って生きられるほど私は強くない。人生で何度も自分がパートナーに「男らしく」リードされたいと感じたことがある。そして実際に荷物を持ってもらったことが嬉しかった。

今のパートナーも同じで、普段は私の男女平等意識を楽に感じるらしいが、エスカレーターで下の段に立つとか、重い荷物を持つといった思いやりの面で、ある程度ルールがあると安心するのだという。確かに、それまでお互いエスカレーターで「どうぞどうぞ」とやっているのは面倒だった。

 

人生の中では男社会に染まったこともある。激務に身をやつして、仕事のために家庭を捨てることに焦がれた。

最近は育休を取得して転換を命じられた方が揉めたが、かつての名誉男性らしい自意識に染まった私なら、それを当然と思ったかもしれない。そこから体を壊す先輩を見て「やっぱりみんな楽に暮らせる方がいいや」と思い直して今の私がいる。

 

こんな風に、私のフェミニズムはブレブレで変則的だ。私はフェミニストかもしれないが、フェミニズムのために生きているわけではない。価値観が変わっても、身近な人とお互い納得していればいいじゃないか。

パートナーが変われば相手の希望する「男女観」も変わるし、そこでお互いが許容できる範囲なら、それも多様性ってことで。と、ゆるふわフェミニストは思っていた。

 

それでもフェミニストを名乗っていたのは、「相互がOKならええんちゃうの」を超えてマスメディアで"男たるもの/女たるものかくあるべし"と発信されるのにはうんざりしていたからだ。そんなのは当事者が決めることだ。マスメディアで大量に「男に愛される3つのテク」なんてものばかりが報道されたら、世間のプレッシャーが増すじゃないの。

 

私は恋愛ライターなので、「愛されテクについて書いてくれ」と依頼をいただくこともある。そういうときは結論に「確かにこれら3つのテクを使えばモテるけど、それで幸せなの?それでいいの?」とサブリミナルのように疑問を呈してきた。

 

だが、ゆるふわフェミニストは、生きづらいのだ。

 

沸き起こるフェミ vs アンチフェミ抗争

最近、ネットでフェミニストが目立ち始めた。かつての #metoo は私も革命だ! と喜んだ。発信者の属性でバッシングされたりもしたが、過去の性被害を訴える権利は誰にでもある。そのともしびが消えなければよいと思っていた。

 

しかしいつからか、ネットの過激なフェミニスト vs 反フェミニストの争いが始まった。「フェミニズム側だし……」と発信者の発言を見ても、正直うーんと言わざるを得ないものが目につく。

 

男を休日ゴロゴロさせるような妻は女の皮を被りながら男尊女卑に加担する"名誉男性"だ、女の業績を批判する人間は女でも名誉男性だ、などなど。いやあ、それただのミサンドリー(男性嫌悪)ですやん……。

 

中には過去、性犯罪の被害にあった経験を語るフェミニストもいた。そういう過去があったから、傷つくのもわかる。同じ属性の人間を恨みたくなるのもわかる。けれど、過去の傷つきは、未来の誰かを傷つける権利にはならない。当人たちはまだ傷つきから癒されていないだろうから、いま言っても焼け石に水だろう。だが彼ら・彼女らに必要なのは医療であり、フェミニストの剣ではない。

 

 

そして、彼女たちの発言は目立つ。過激だからだ。ISILがイスラム教徒全体のイメージを損ねたように、過激なフェミニストのせいで「ゆるふわ」なんて言ってられなくなった。「これだからクソフェミは」とこっちまで反対派の火の粉が降ってくるからだ。

 

だから、もうフェミニストやめたいと思っている。私がフェミニストをやっていたのは、崇高な理想のためではなく自分が稼いで夫を食わせても、夫をヒモと呼ばせないためだ。自分をかわいそうな女と思われないためだ。私は私の利益のためにフェミニストになり、そして利益のために辞めようと思う。フェミニストのラベルを私の思想から外して、ゆるいリベラルになりたい。

 

ただ心残りなのは「妊娠したから昇進はあきらめろ」と言われた友人たちのことだ。彼女らのような人がまだまだたくさんいるなら、これからも女性は意図せず会社から独立し、フリーランス等で生計を立てねば年収を維持できないだろう。

同様に育休を取った男性、発達障害に悩む方などもこれまで社会から見えずドロップアウトさせられてきた。だから細々と、彼ら・彼女らのキャリア支援ができればうれしい。それがゆるふわフェミニストとして、かすかに残った情熱だろうか。

 

元来女性は太陽だった。この世に男と女、トランスその他と沢山の太陽があったっていいじゃない。そんなゆるい世界で、私は生きていきたい。

 

 

 フェミニスト関連で読んだよかった本たち。どれも差別と戦ってるけど光が見えて勇気が出る。

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

 

  

フェミニスト・ファイト・クラブ 「職場の女性差別」サバイバルマニュアル

フェミニスト・ファイト・クラブ 「職場の女性差別」サバイバルマニュアル

 

 

バッド・フェミニスト

バッド・フェミニスト

 

 

 

セクハラで女性が加害者になる日

先日、男性の5人に1人が「就活セクハラ」を受けていることが明らかになった。

セクハラはこれまで「男性が女性に行うもの」という印象が広まっていたため、この数字に驚かされた方も多いだろう。

 

news.yahoo.co.jp

 

しかし、男性自身も「これはセクハラだ」という認識が薄いまま、これまでもセクハラは横行してきた。代表的には、こんな例が挙がる。

 

・風俗通いの強制

「さあ3軒目は風俗いくぞぉ~! あ、お前帰るの? そこは空気読めよ」

 

・ゲイとして辱める

「あいつさあ、なんかなよなよしてるし、実はゲイなんじゃない?」

 

・童貞いじり

「〇〇君って、彼女いるの? あ、ずっといないの? マジか、てことは童貞?」

 

・顔をけなす

「〇〇君はいいよね、イケメンだからさあ……人生楽してきたんでしょ」

 

・性的関係の強要

「やだ、どうしても帰るならキスして帰って。じゃなきゃタクシーおろさない」

 

これらはいずれも、私が男性から相談されたことのある被害だ。そして、「風俗通いの強制」を除くと加害者は男女のいずれもいた。女性も昔から、セクハラの加害者だったのだ。

 

見えてこなかった女性のセクハラ加害

ではなぜ、女性のセクハラ加害がハイライトされてこなかったのか。それはセクハラが「権力がある側からない側に行われがち」だからである。女性の管理職比率は2017年で11.5%。しかもこの数字には部下なしの名ばかり管理職も含まれる。権力の場に立たされないからこそ、加害者になることも少なかったのである。

 

さらに、男性の被害は矮小化されやすい。そもそもなぜ私が男性の性被害の相談をうかがうかというと、「男性同士で相談するとバカにされやすい」という背景があるからだ。実際に相談してくれた男性はこう言った。

 

―上司からずっとセクハラを受けてるって、仲のいい先輩に相談したんですよ。そしたら先輩に「マジ? お前ラッキーじゃん? 今彼女いないんだろ? その上司と付き合っちまえよ」と言われてしまって。あの時は会社へ行くだけで吐き気がするようになって、全然眠れなかったんですよ。その状況で茶化されたのがすっげえショックでした。

 

この男性は1年悩んだが、女性上司から体の関係を求め続けられることに嫌気がさして退職した。社内では誰にも相談できなかったという。

 

自分でも身構えてしまってましたね。「男がそんなことを言うなんて恥ずかしい」って。上司にチクったのがバレたらどうしよう、とも思いました。泣き上戸な人なんで、たぶん社内で泣いちゃったりするだろうなと。そしたら悪者になるのは絶対に俺だなって。

 

―その人は仕事もめちゃくちゃできて、担当した部門の成績が3年連続で二ケタ成長してたんです。そんなときにセクハラでその上司をチームから外しちゃったら、売上絶対下がるし、なんてことしてくれたんだ、ってムードになるのも分かってましたし……。

 

セクハラの加害者はえてしてビジネス上は有能である。だからこそ被害側は告発すると「セクハラごときで重要なポジションの人間を外しやがって」と他の同僚に思われないか……と不安を抱いてしまう。

就活セクハラでも考えることは同じだろう。「たかが学生ごときの自分が、社員さんを、ひいては会社を傷つけることを言っていいわけがない。後輩の採用にも迷惑がかかる」と被害者は思い、泣き寝入りする。

 

女性からの加害だった場合、被害男性は上記に加えて「女に被害に遭わされるなんて恥ずかしい」「痴情のもつれをセクハラと言い換えただけではないか」「据え膳食わぬは男の恥」といった、男らしさのイメージに振り回され、泣き寝入りを選びやすい。だからこれまで、女性の加害は可視化されなかった。

 

女性にも希薄な加害者意識

また、女性当事者にも加害者意識は少ない。これまで「セクハラは女性が受けるもの」と教え込まれてきたからだ。そして、ここで謝罪したい。私もかつて童貞を揶揄する文章を書いてしまったことがある。

 

「童貞が自分が童貞であることをネタにしているのだから、童貞はいじっていいネタなのだ」と思い切り勘違いしていたのだ。しかし「女性が自分がいい年して処女なのをネタにしているから、他人がその女性の処女ネタをいじっていい」わけではないのと同様に、童貞いじりをしていいわけではなかった。私が間違っていた。

 

それから心の中で反省するだけでなく、具体的にできることを考えた。職業がライターなのだから、書くべきだろう。そう考えて「童貞をいじるのはセクハラ」「童貞が同性異性問わず、誰かからいじられる社会をやめていこう」という文章を書いている。

 

これまでの過ちは、私が不勉強だっただけで言い訳の余地はない。だが、これから政府の方針通り女性管理職が30%まで増やすなら、女性がセクハラの加害者になることも増えるだろう。セクハラは性差で起きるものではなく、権力を握った人間の一部が超えちゃいけないラインを見誤って起こすものだからだ。

 

性差を超えた「セクハラ教育」の普及が必要

男性が保健体育の生理の授業では他の講義を受けさせられたように、女性はこれまで「セクハラ」の授業から遠ざけられてきた。女性は被害にあったシチュエーションだけの対応を知らされ、「危害を加えない」方法は教わってこなかった。

 

だからこそ、これからがチャンスなのだ。男女ともに、被害にあったら声を上げていい。それが有能な人でもだ。社内で有能だからこそ、「セクハラをしても許されるだろう」とそいつは考えている。訴えていい。その結果セクハラをしない・有能な社員に変わるチャンスはいくらでもあるのだから。

 

そして、「自分が加害者にも、被害者にもなるかもしれない」という意識が男女ともに広まれば、世の中はもっと楽になるだろう。男性が痴漢に遭うこともあるし、女性が男性をレイプすることもある。男女問わず「こんなことがあって、つらかった」という相談が「つらかったね」と受け止めてもらえる社会まで、あと少しだ。

 

※このブログを書いたのは2019年5月30日の夜なので、続報があってニュース記事の中身がひっくり返っていたら申し訳ございません

 

すごく久しぶりにブログを書いたので、こんな人間ですよって自己紹介代わりに書籍貼っておきます。

就職活動が面白いほどうまくいく 確実内定

就職活動が面白いほどうまくいく 確実内定

 

 

 

離婚して、わんわん泣ける女になりたかった。

離婚した。12月上旬に夫から別れを切り出され、びっくりしながらも「好きな人が別れたいと言い出したのに、反対する理由もないな」と妙にしっくりきてしまった。結婚してぴったり3年の元旦。手を繋いで区役所に向かった。「並んで離婚届掲げて自撮りしようよ」という提案はさすがに却下された。

離婚後、夫とワインを飲みながら「これでよかったんだ」と思った。その後も何度か、共通の友人と一緒に会った。私たちはいつもどおり仲良しだった。

 

「離婚しそう」という話を聞いて、友達が何名もすっとんで来てくれた。そのうちの一人は、即座にカラオケへ私を引っ張っていき「何も考えなくていいから、曲のタイトルでしりとりをしよう」と、選曲ですら脳を空っぽにさせてくれた。カラオケって失恋の曲が多いから、下手に曲目を考えると落ち込んでしまう。だから「しりとり」なんて単純明快すぎるルールで、私の脳を止めてくれた。

 

同じ友人が元旦からパソコンをうちへ持ち込み、ひたすら仕事の話をした。はたから見れば地獄のようなお正月かもしれないけれど、空っぽになりそうな私にとって、仕事が時間を埋めてくれるのはこれ以上ないくらいありがたかった。

 

仕事、カラオケ、仕事、カラオケ。三が日が過ぎるころ、私は元気になっていた。

 

いやちょっと待てよ。

あまりに切り替えが早すぎないか。私は彼を6年も愛していた。彼のために外資系企業・正社員という堅牢なキャリアを捨て、海外へ付いて行った。彼への愛をでろでろにツイートしまくり、友達には彼の一挙手一投足をのろけてきた。好きだ、好きだった。なのに何なんだこれは、私はアンドロイドか。

 

私はもっと、わんわん泣いて「彼無しには生きられないの」とわめく女になりたかった。心配して集まってくれた友達に「ごめん、なんか元気」と笑えるような、鋼のメンタルが欲しいわけではなかった。これではまるで、最初から愛などなかったみたいだ。今でも未練たらたら愛しているはずなのに、私は普段通りに仕事をしている。

 

彼は言った。「次に付き合うなら、米系外資っぽい詰めをしない女がいい」と。笑っちゃうようなフィードバックだけれど、全然笑いごとじゃない。彼はきっと、わんわん泣いて「助けて」って言ってくれる女が良かったんだ。私は彼と一緒に戦える女ではあったけれど、彼をつらかったね、とひっくるめて抱擁する女ではなかった。

 

過去に私と付き合ってくれようとした男は、口々に「私を守りたい」と言った。けれどそのたびに私は思ってしまうのだ。守られるほど弱くない、と。もう30歳なんだ。もうここまで生き延びてしまったんだ。幼少期がつらかったとか、仕事つらいとか泣いてる女の子には、もう戻れないんだよ。

 

分かっている、もう戦闘民族だって。男の後ろで「助けて」って震えられる女じゃないって。それが彼を傷つけてきたことだって。私は守られる女にはもうなれない。けれど離婚したときくらい、わんわん泣ける女になりたかった。

 私にあこがれる、と言ってくれる人がいる。彼ら・彼女らは「強くなりたい」と言う。けれどこんなとき、守ってほしいと泣ける女性が羨ましくてたまらないんだ。

 

 

離婚直後。三が日のカラオケで、Avril Lavigneの My Happy Endingという曲を入れた。歌詞は「ザ・失恋」って感じのテーマで、それを歌っている私を、友達はしんどそうに見つめていた。けれどこの曲には、全然別の意義があった。

 

これは私が17歳でレイプされた直後に聞いた曲だったから。

 

東京、2004年8月23日。留学から一時帰国していた期間。知らない人に手を引っ張られて、そのままレイプされる。絵にかいたような被害だった。終わってから路上に放り出された。拡声器で音楽が大量に流れていた。So much for my happy ending(私のハッピー・エンドなんてこの程度なんだ)という歌詞。何もかもが気持ち悪くて吐いた。どこまで吐いても汚いままだった。

 

このときも私は、泣けなかった。誰にも何も言えなくて数日後に首を吊った。搬送された病院で目が覚めると、カウンセラーもどきのおばちゃんが横に座って「いろいろあって大変ね、私も自分の息子が大学3つも通っちゃってどこに入れるか悩んでるの」と動けない私へ垂れ流した。

 

親、教師、誰もが怒り狂っていた。警察へは行けなかった。イギリスの高校へ一週間遅れて帰った。全校生徒72人しかいない高校では、親から連絡を受けた教師づたいに学校中が私の噂をしていた。はー地獄だね。でも人生そんなもんだよ。泣いても、泣かなくても明日は来ちゃうんだ。何度か自殺未遂をしながら、こうして私がいま生きているように。

どんなに高い山に登っても、こうして理不尽な谷底に突き落とされるんだ。当時の私はそう思っていた。

 

でも今は違う。元旦から寄り添ってくれる友達がいた。「バツイチって死ぬほどモテるよ」と教えてくれたお姉さま方。激務の合間を縫ってタクってくれた友達。2時間だけだけど、と旦那さんを放って会いに来てくれた人。「お前は本当にダメだな!」とプリプリしながら12時間も本屋を巡ってくれた友人。大丈夫ですか、と心配してくれたお取引先の先輩方。

だから、歌えた。So much for my happy ending(私のハッピーエンドは、こんなもんだ)と。むしろ Too much だよ。十分すぎるよ、こんな人生。ありがとう。私はもう大丈夫。離婚をしたけれど、私の世界には愛しかない。

 

 

 離婚直後からずっと聞いている曲。三が日のカラオケをきっかけに欅坂ファンになった。コンサート行きたいけど、チケット激戦なんだろうなあ。

世界には愛しかない(通常盤)

世界には愛しかない(通常盤)

 

 

 

在英6年の経験者による長期旅行者・在住者向け「イギリス暮らしの基礎知識」

イギリスから帰国しました。昨年移住してから約1年半。ずいぶんとあっさり帰国しましたが、学生時代から累計6年ほど住む機会に恵まれたことに感謝しています。

そこで帰国がてら実際の生活に役立つツールをリストアップしておきたいと思います。またイギリスに行ったとき、自分が忘れないためにも。 

 

 

銀行口座を作る

最初の関門、銀行口座づくりです。イギリスでは非現金社会が到来しており、なにはともあれデビットカードがないと動けません。また、その際はイギリス国内の口座が求められるため日本のクレカだとはじかれること、多数。まずは口座を作りましょう。移住はそれからです。

新参者の我々には、financial history(これまでお金を国内で使い、信頼のある顧客と認められるための経歴)がありません。ですから口座開設にも「私は変な外人じゃありません」と認めてもらう必要があり、なかなか面倒です。人によっては17回も面談に行ったという猛者もおり、大変手ごわい。

難易度低めなのがスペインに本社を持つSantander(サンタンデール)、Lloyds Bank(ロイズバンク)。いずれもいきなり窓口へ行ってもダメで、まずは面談を予約する必要があります。面談時、持ち物は以下の通り。

 

■■■ 最低限必要 ■■■

Proof of Address (住所を証明できるもの。自分が契約した賃貸契約書コピーまたは学校・職場が発行してくれる)

Utility Bill (公共料金の支払い証明。夫婦で渡航するときも自分が口座を開けるよう、あえてバラバラの名前で契約したほうがよい。電気、ガス、水道が認められる。場合によってはネット料金も認定される)

 

■ あるとなおよい ■■■

National Insurance Letter国民健康保険の番号を知らせてくれる手紙。あればベターだが求められないことも多い)

Bank Statement(預金残高証明書。日本のものでよい。英訳が必要。ビザ申請で使われてしまうので、数枚余計に取得しておくべき。Santanderでは不要だったが担当者しだいの緩い国なのでもっておいた方が良い)

Headed Letter(職場・留学先を証明するレターフリーランスは一番苦しむところ。最大手取引先に泣きつくしかないかも。求められないことも多いので面談でハネられてからでよい。署名つきの原本でないと不可なため、郵送で1週間まつことに……)

 

面談では何のために使うのか説明を求められますが、For my daily expenses.(生活費で)で普通に通りました。もしくは For my salary.(給与のため)でも大丈夫でしょう。留学生なら My parents want to send fees. (親が費用を振り込みたいから)も無難です。ざっくりどれくらいの金額を扱うか質問されますので、英会話が苦手な人はメモにでも書いておくとよいかも。年収もセットで聴かれますが、学生はゼロでOK。

 

カネを日本から送る

海外送金はまず在住者がぶつかる壁です。「え?いつもの振込じゃ無理なの?」と思って渡航すると大変後悔します。私はしました。日本のメガバンク(みずほ・UFJ・三井住友)を使うと送金・受取手数料で合計5,000円以上かかります。

しかもオンラインバンキングで海外送金をするためには事前に特別な手続きが必要で、準備に1ヵ月弱かかります。転勤命令を出されたらすぐに動かないと間に合わないレベル。しかも自宅へ手続きに関する書類が送付されるので、ビザの申請などであちこち外出している準備期間にはかなりのストレス源となります。

 

「なら一時帰国時にやればいいや」と思うじゃないですか。でもそのとき、海外在住者のあなたにはマイナンバーが失効しています。口座開けません。THE END。

そこで最近はTransferwiseを利用する方が増えました。

transferwise.com

 

Transferwiseは日本の銀行口座から日本のTransferwise口座へ振り込むだけで、海外口座へ同額を振り込んでくれるサービスです。手数料も最安。テクノロジーに感謝。ただし手続きの言語に英語が混ざります。「英語無理、怖い」という人は、楽天銀行であらかじめ手続きされるのが国内最安でしょう。それでも合計2,000円ちょっと取られますが……。

 

日本食の入手

長年、ロンドンにあるJapan Centre(ジャパンセンター)やらいすわいんをはじめとする日系スーパーでしか日本食は買いづらいものでした。ロンドン在住者はそれでいいのですが、留学先などの都合で郊外へ住む方も少なくありません。そこで大活躍しているのがOcadoです。オンラインス―パーで、日本食餃子うなぎしいたけえのき大根かぶ豆腐さば缶まで扱っています。(とりあえず私がリピートしまくった製品へリンク貼らせていただきました)

なお、現地の普通のスーパーでもそばやうどん、みりんくらいまでは手に入ります。日本から買い込んでいく食料は「最新のお菓子」「だし」「乾燥とろろ・ゆず」など限定されたものになるでしょう。主に上流階級が行く高級スーパー(Waitrose)の通販が一番品ぞろえがよいです。

 

携帯電話

日本の携帯を海外で使うと破滅的な金額になります。そこで現地プランを契約しましょう。日本のようにお店で並んで契約する必要はありません。日本であらかじめSIMフリー携帯を手に入れさえすれば、コンビニのような路面店SIMカードを購入するか、郵送を待つだけ。イギリスでSIMカードを買えばそのままEU圏内で使えますので、旅行好きにも向いています。

路面で買えるSIMカードはpay as you go(=事前チャージ型)で、Suicaのようにチャージして使い切るまで通話やネットが可能。月額プランもありますが、一時帰国も多い方にはpay as you goがおすすめです。

 

私が愛用していたのは Threeというブランドでした。

 

www.three.co.uk

とにかく通信が速いんです。数字の3がロゴなのでわかりやすい。なお月額プランだと12GBの通信・カケホーダイで15ポンド(約2,300円)。や、安い……! Pay as you goだと同プランで20ポンド。これでも安い!

 

 

移動する手段

まずは移動する「マップ」を手に入れましょう。ロンドン民よ、あなたは恵まれています。Citymapperというアプリで物事はすべて片付きます。道の歩き方から駅の出口まで懇切丁寧に教えてくれるうえ、電波の届かない地下鉄でもオフラインで使える親切設計。さらに日本語表記ありです。しょっちゅう遅れたり運休になる地下鉄のトラブルも更新してもらえます。

ロンドン郊外民は、Googleマップを普通に使うことになるでしょう。

 

お次に公共交通機関について。

真っ赤な2階建てバス、憧れるかもしれませんが前述のCitymapperなしに乗車するのは難易度がエクストラハード。

お金に余裕があるなら気軽に移動できるUberへ。ロンドンは小さな都市なので、5ポンドで結構な距離を移動できます。イギリスの伝統的タクシーことブラック・キャブは「Uberに比べてうちの方が質が高い」と主張しております。が、右左折でウインカーは出さないわ、派手に煽り運転するわで何も信用できません。ロンドンで営業免許を禁止にする騒ぎがあったのですが、ズルズル延期中。2018年4月までは継続しているようです。やったね。

 

美味しいご飯にありつく

イギリスの飯。99%は微妙です。激しくマズくもないが、うまくもない。そして予算はまっとうなレストランなら酒込みひとり100ポンド(1.5万円)くらい。シビれますねえ。予算はざっくり日本の同グレードの店の倍くらいを想定したほうがよいです。というわけで、気に入った店を延々ルーティーンで回すことになるでしょう。

基本的にイギリスの店は「六本木ばりにドゥンドゥン音がうるさく、内装がラグジュアリー」なら繁盛するしくみになっています。客入りで味はわかりません。

信頼できるレビューはあまりないものの、OpentableGoogleマップに付随するレビューはある程度確かです。日本人の口コミは意外と役に立ちません。在住例が長くなると、味のスタンダードが劣化して多少まずくても喜ぶ体に調教されてしまうからです。

 

以下、ロンドンで美味しかった店をリストアップします。感想は略しますが、いつか別の記事で書くかも? カッコで併記する数字は私が使った平均1名あたり予算(ポンド)です。

 

■■■ 中華 ■■■

Royal China(50)

Bashu(50)

 

■■■ 和食 ■■■

Miyama(50)

Umu(150)

Ippudo 一風堂 (20)

 

■■■ インド ■■■

Trishna (100)

The Rajdoot Indian Restaurant (30)

 

■■■ アフタヌーン・ティー ■■■

The Goring (70)

 

■■■ フレンチ ■■■

 Les 110 de Taillevent (100)

 

■■■ イタリアン ■■■

Macellaio Roberto Costa (70)

 

けっこう食事好きなほうで外食するんですが、1年半努力の限りを尽くしてもこれだけしか美味しいレストランがなかったというのはやっぱり異常です。日系企業のチェーンすら油断なりません。なお、有名店でもUber Eatsに登録している比率が高いので無理して外食せずともUber Eatsを活用するのもあり。

 

医療を受ける

イギリスにはGP(かかりつけ医)制度があり、無料で医療を受けられます。ただし骨折でも数日待たされるなど、けっこう質が問われますが……。事前登録が必要なので、まずはここへ郵便番号を入れ、近くの病院を探しましょう。★5つで評価がついているので、それを参考に近隣でよい病院を探します。

行き先が決まったらふらっと病院を訪れ「I'd like to register the GP in here. I am a newcomer to this country.」(GP登録したいです。海外から来てすぐの人間です)といえば滞りなく進みます。

なお、イギリスには別途私立病院もあり、比較的マシな医療を受けることはできます。ただし風邪でも300ポンド(4.5万円)くらい取られます。市販薬使っておいたほうがまし。いい会社へ就職すると私立病院代金を保険でカバーしてもらえるので、現地就活される方は気にしておくとよいでしょう。駐妻さんは旦那さんの会社がいくばくかはカバーしてくれるはず?

 

おわりに

とりあえず暮らしに必要な最低限の暮らしはこんなものでしょうか。住んですぐの目標は「メンタル病まない」ことです。環境の変化は大きなストレスになります。無理していろいろなアクティビティへ参加せず、最初は慣れることに気を使ってください。健闘を祈ります。

 

 イギリスへ行くなら必読書。イギリス料理の深淵なる微妙さを味わえます。本当は美味しいとか、最近美味しくなってきたとかウソです。

イギリスはおいしい (文春文庫)

イギリスはおいしい (文春文庫)

 

 

 留学生向けの費用や準備すべきことはこちらにむかしまとめました。

toianna.hatenablog.com

 

さらに昔、国費留学で毒親から逃れる手段についてご紹介しています。

toianna.blog.fc2.com